Home > なぜDragonFly?

ここが違う

なぜ、シンプルBI?

販売成績を伸ばす、会員数を増加させる、生産を効率化させる…あらゆる業界のあらゆる業種にはそれぞれのタスクがありますが、目標達成には現状を知ることが大切です。地域やサービスごとの差、季節や時間帯による変動など、いろいろな角度で分析を行うことで、次の戦略や企画を練ることができます。そのためにも、BIツールは企業にとって不可欠といえます。
  • 日々の業務に追われて、分析データの作成には手がまわらない。
  • 会社で分析ツールは導入されたけど、覚えるのが面倒だし使いこなせていない。
  • システム部門からまわってくる各種データと、現場が欲しい情報との間にずれがある。

【3ステップの簡単操作、手軽にデータ集計】 ― シンプルで使いやすいセルフBIツールのDragonFly BI

3step DragonFly BIは集計、可視化、共有が簡単に行えることに特化したセルフBIツールです。機能を絞ったシンプルな設計で、必要な操作は「データ接続」「データセットの作成」「グラフとダッシュボードの作成」の3ステップだけ。学習コストをかけることなく、いつもの業務に簡単にプラスして自分達が見たい切り口で分析データを作成できます。直観的に操作できるので、経営者層が重要データを自ら分析してみることもできます。

なぜ、Excel感覚?

ビジネスパーソンにとってExcel操作は必須技能です。日々のちょっとした業務で利用するのはもちろん、条件付き書式・関数・ピボットテーブルなどを駆使して作られたExcelファイルを管理指標にしている企業も多く見られます。誰もが使いやすいExcelですが、データを蓄積すると重くなる、ファイルがどんどん増えていき管理が大変、レポートには適さないなどの問題があります。
  • 複数のデータをBIツールに集約したいけど、集計やグラフ化は使い慣れたExcelのほうが操作しやすくて。
  • 固定のフォーマットは業務に即さないので、結局は報告書でもなんでもExcelで作成している。
  • 一目でわかるグラフも必要だけど、数値でも把握したい指標がある。

【Excelデータを活用、Excel技能も活用可能】 ― ExcelのようなDragonFly BIのスプレッドシート

Excelのインポートとエクスポート DragonFly BIにはExcel関数や条件付き書式、ピボットテーブルなどが使えるスプレッドシート機能があるため、使い慣れたExcelと同じような操作感でグラフやダッシュボードを作成できます。さらにスプレッドシートでは、分析データの数値確認はもちろん、データの修正や補填などのシミュレーションも元データを上書きすることなく安心して行えます。スプレッドシート上のデータはExcelファイルにエクスポートして二次利用できるので、Excelとの併用に最適なBIツールです。

なぜ、データ共有?

BIツールを導入してもシステム部門以外のスタッフはデータにアクセスできなかったり、そもそもデータの見方が分からなかったりで、分析の前準備に手間取りがちです。また、分析したデータの共有方法の柔軟さやスピードの問題があげられます。このように、BIツールを活用するにはまずデータ共有のしやすさが重要となってきます。
  • システム部に毎回分析用データを依頼するのは双方に負担。
  • 部門によって必要なデータは異なり、データを取り扱うスキルも異なる。
  • ダッシュボードごとに共有先を柔軟に変えたい。

【正確な状況把握に数値は必要不可欠】 ― データごとに共有先を指定できるDragonFly BI

共有先を選択 DragonFly BIでは「データ接続」、「データセットの作成」、「グラフとダッシュボード作成」のどの段階においても、それぞれ共有者を選択することができます。これにより、通常はデータを保有できない一般スタッフでも、共有されたデータを使って見たい角度で自由に分析可能。視覚化した見やすいデータをチーム内で共有したり、プレゼン資料として活用したりでき、データ上層部での活動方針の発信や意思決定に役立てられます。

なぜ、クラウド?

今やクラウドサービスの利用は一般的なものになってきました。とはいえ、大切な企業の情報を社内サーバー以外に置くことは考えられず、データは社内で一元管理が基本という会社もまだ多いようです。

  • データ量が増えるたびにハードウェアを準備するのはコストパフォーマンスが悪い。
  • サーバー設置を業者に丸投げしたけど、メンテナンスができない。
  • 社内サーバーにあるデータには出張先や外出先からは接続できず不便だし、離れた拠点とも常に最新データを共有したい。

【サーバーコストはゼロ、最新データにいつでもアクセス】 ― 安心の日本データセンターを利用

DragonFly BIのクラウドはMicrosoft社が提供する東日本のAzure Platformで動作しています。国内のWindows Azureにデータが保存されるので、より安心してクラウドサービスを利用できます。DragonFly BIを導入するにあたってもサーバーの準備や運用開始後のメンテナンスは一切必要なく、システム部門以外の部署でも気軽にBIツールを始められます。また、インターネットの接続環境にあればDragonFly BIにどこからでもアクセス可能なので、必要なデータをいつでも更新・閲覧できて便利です。