Home > 機能

DragonFly BIの機能


DragonFly BIの使いやすくシンプルな機能を紹介します。

DragonFly BIの接続機能

手元のExcelとシステム内のデータとを接続・結合

手元にあるExcelデータ、社内システム、外部データベース、クラウド上にあるデータまで。ビジネスに必要なあらゆる データをDragonFly BIに接続してください。セルフBIツールのDragonFly BI には、シンプルなデータ結合機能があるので、異なるデータソース、マスターデータから 分析に必要なデータを選んで結合し、データ同士を関連づけたデータセットを簡単に作ることができます。もちろん足りないデータを 追加するのも自由に行えます。
データ接続やデータセットの共有も可能なので、ITスキルの高い情報システム部門から、分析に必要なデータをセットしてもらうことも 可能。バラバラに存在していたデータをDragonFly BIで集約し関連付けることで、見えてくる世界が変わります。

DragonFly BIでExcel、Salesforce、社内システムを結合

DragonFly BIの集計機能

かんたん操作でデータ集計・データ分析

ドラッグ&ドロップ操作でデータが瞬時にグラフ化されるので、BIツールをはじめて使う人でも直感的にさまざまな切り口でのデータ集計・データ分析を行うことができます。
気になるデータのドリルダウンやクロスフィルタリングももちろん可能。簡単シンプルな操作で、これまで行っていたデータ集計・データ分析業務の作業時間を大幅に短縮できます。

DragonFly BIでデータの詳細ドリルダウン

DragonFly BIのスプレッドシート機能

Excel感覚で使えるスプレッドシート

当社独自の『スプレッドシート』の採用により、Excelで普段利用する機能のほとんどをDragonFly BIでも使えます。表計算、 テーブル作成、条件付き書式、Excel関数、ピボットテーブルなど普段と変わらない操作を行うことができます。 これからは、集計はExcelで行いビジュアル化だけBIツールを利用するなんてことをする必要はありません。
DragonFly BIの『スプレッドシート』機能があればダッシュボードに表示したグラフデータの編集も可能。計画修正や未反映データの 補填はもちろん、会議やミーティングでさまざまなデータシミュレーションを行うことができるようになるため、意思決定のスピード を加速させます。

DragonFly BI上でExcelのようなシートとグラフ表示

DragonFly BI上でExcelのように関数挿入

DragonFly BIのスプレッドシートから詳細データ表示

DragonFly BIの最新データに更新機能

視覚化した最新データを共有

作成したダッシュボードは、ほかのメンバーと共有してこそ価値が出るもの。クラウドサービス型BIのDragonFly BIであれば、社内の共有はもちろん、外部取引先との共有も可能です。
一度共有したダッシュボードは常に最新の情報に更新されるので、いつでも、どこからでも最新データにアクセスできます。

DragonFly BIで最新データに自動更新

DragonFly BIのコミュニケーション機能

分析データをもとにしたコミュニケーションを活性化

コミュニケーションに役立つコメント機能もあるので、DragonFly BI上でディスカッションも可能。メンバーが作成したダッシュボードに対してチーム間で気軽にコメントでき、結合して視覚化したデータをもとにコミュニケーションが生まれます。

DragonFly BIのダッシュボード上でのコメント機能